小陰唇肥大症を治療して、コンプレックスを解消する縮小手術

小陰唇肥大症のデメリットは様々あります。座った際に挟まって痛みを感じたり、下着に擦れて痛みを感じたり、排尿の際に飛散して汚れてしまうといったデメリットが有ります。小陰唇縮小手術でデメリットを解消しましょう。

read more

小陰唇肥大症の手術を受ける際に心配なのが、手術跡が性器に残ってしまうのではないかという点です。美容外科クリニックなどの審美性を重視する医療施設で縮小手術を行うことで、手術跡が残らず自然な仕上がりになります。

read more

小陰唇縮小手術を受けた後は、しばらくの間ダウンタイムを取る必要がります。患部が落ち着くまでは性交渉は控えましょう。抜糸が要らない糸を使えば複数にわたって通院する必要もないので、非常に手軽です。

read more

デリケートな女性器にメスを入れるので、技術がある医師がいるクリニックに行きましょう。経営している年数が長く、ベテランの医師に依頼することで確かな技術と経験で満足のいく手術を行なってもらえます。

read more

小陰唇肥大症とは

性器に関する悩みは非常にデリケートです。女性特有の悩みとして、小陰唇肥大症が挙げられます。女性器の小陰唇という部分が一般的なサイズよりも大きい状態を、小陰唇肥大といいます。
小陰唇とは、女性器の両脇を囲むようにしてついているヒダの部分を言います。小陰唇の外には大陰唇というヒダがついており、一般的には小陰唇は大陰唇の中に収まっています。
小陰唇肥大症の女性は、外側の大陰唇から内側の大陰唇が飛び出すほどサイズが大きいという特徴があります。
また、片方の小陰唇のサイズだけが大きいといったバランスが悪く審美性を損ねている大陰唇肥大症もあります。

大陰唇肥大症には様々なデメリットが有ります。その中の一つが、不衛生という点です。小陰唇が肥大すると、入浴の際に奥まで洗うことが困難になってしまいます。
そのため、洗浄できなかった部分に汚れや垢が溜まってしまいます。性器を不衛生にして溜まる垢の事を恥垢と言います。
陰部は高温多湿なため、雑菌が繁殖しやすく、恥垢は雑菌の温床となってしまいます。嫌なにおいを放ち、パートナーとの性交渉の際に不快感を与える事が考えられます。細菌によって尿道炎などの感染症に発展することもあります。
このようなリスクを回避するために、美容外科クリニックで手術を受けて治療するという選択肢があります。小陰唇を切除して縫合することによって、サイズを小さくすることが出来ます。
デリケートな性器の悩みを美容外科クリニックで解消しましょう。